今、注目のダイレクトソーシング(DS)その効果とは?

そもそもダイレクトソーシング(DS)とは?

近年、企業の人材採用において「ダイレクトソーシング(DS)」が注目を集めています。ダイレクトソーシングとは、SNSや求職者登録サイトにおいて、企業の経営者や人事担当者が、求職者にスカウトなどの直接的なアプローチを行う方法です。

従来の採用方法は、求人広告や人材紹介などが一般的でしたが、労働人口の減少や求人倍率の上昇に伴い、「受け身」の姿勢では優秀な人材を確保することが難しくなりつつあります。

しかし、ダイレクトソーシングであれば、求職者登録サイトなどのデータベースから、求める人材を見つけ出すことが可能です。これは従来の「受け身」の採用方法とは対照的な、「攻め」の採用方法といえるでしょう。

ダイレクトソーシングのメリットとは?他とは何が違うのかを比較

ダイレクトソーシングの主なメリットとして、以下の3点が挙げられます。

広告コストの削減
求人広告は、採用に至らなかった場合でも、掲載したぶんの広告費用がかかってしまいます。また、人材紹介の多くは成功報酬型ですが、紹介料の相場は年収の30パーセントほどとなっているため、決して低コストとはいえません。一方、ダイレクトソーシングはサービス会社によって定額制と成功報酬型に分かれますが、成功報酬型の場合は採用決定費の相場が「年収の15~20パーセント」のため、大幅にコストを抑えることができます。
ターゲットの拡大
求人広告や人材紹介を利用する人は、転職意欲を持っている一方で、同時期に複数の企業に応募しているケースも少なくありません。そうなりますと、競合企業との競争に勝たなければ、優秀な人材を獲得できないことになります。その点、ダイレクトソーシングのデータベースに登録している人の中には、「求人次第で転職を検討する」という意識の人も存在します。こうした、求人広告や人材紹介では接触することが難しい人材にも、ダイレクトソーシングなら接触が可能です。
マッチ率の向上
求人広告の場合、自社が求める条件とは異なる人材からの応募も、一定数来てしまうことは珍しくありません。応募数が多くなりますと、不合格の連絡などに割かなければならない工数が増えます。また、人材紹介でも「求める人材像をしっかりと伝えたにもかかわらず、理想とは異なる人材を紹介される」という事態が考えられます。その点、ダイレクトソーシングでは検索条件を細かく設定でき、事前に候補者の情報を確認した上でスカウトできます。つまり、仕組み的にマッチ率を向上させることが可能です。

ダイレクトソーシングの注意点

その一方で、あまりに細かく検索条件を設定できるため、ダイレクトソーシングを使い慣れないうちは、負担に感じてしまうかもしれません。しかも、検索条件を幅広く設定してしまいますと、求める人材の絞り込みが困難になりますし、検索条件を絞り込み過ぎると候補者が少なくなります。ある程度の検索スキルが求められるでしょう。

また、SNSや求職者登録サイトで候補者にスカウトメールを送った場合、その返信率は一般的に10数パーセントといわれています。場合によっては、候補者からの返信を得られないことがあるかもしれません。さらに、優秀な候補者ほど多くのスカウトメールを受け取っていることが予想されますので、そのような候補者が返信したくなるようなスカウトの文面を作成することが重要です。

これらのことを踏まえますと、ダイレクトソーシングには検索や文章のスキルが求められるといえます。社内に相応のスキルを備えた担当者がいればベストですが、そうでない場合は、外部のダイレクトソーシングを専門に行っている会社へ依頼することも、選択肢に加えることをおすすめします。

ダイレクトソーシングは採用をどう変える

労働人口の減少が今後もますます進んでいく中で、企業の採用活動はさらに厳しいものになっていくでしょう。求人広告や人材紹介といった受け身の方法だけで採用活動を行っていくことは、ますます難しくなっていくことが予測されます。

その点、ダイレクトソーシングは、企業側のアクションによる「攻め」の採用方法です。ある程度の専門知識と経験が求められる方法ではありますが、その課題さえクリアできれば、低コストで優秀な人材を採用できる可能性は高まるでしょう。

パーソルワークスデザインではダイレクトソーシングをサポートします

「低コストで優秀な人材」を採用できる可能性を高くする、ダイレクトソーシングについてお分かりいただけたでしょうか。

パーソルグループでは、「doda Recruiters」「ミイダス」といったダイレクトソーシングのサービスを提供しています。日本最大級の人材データベースを活用した「攻め」の採用を、検討してみてはいかがでしょうか。

また、「ダイレクトソーシングを行えるほどのスキルを備えた担当者がいない」といったお客様向けに、パーソルワークスデザインはダイレクトソーシングに特化した専門チームを編成し、以下をはじめとするサービスを提供しています。

  • 人材要件に沿った候補者のサーチやターゲットリストの作成
  • 候補者一人ひとりに合わせたスカウト文の作成、送信業務
  • 送信した候補者の管理や返信(=応募)の対応
  • 面接日程の調整

一般的な人材の採用代行(RPO)サービスは、クライアントごとにプロジェクトチームを編成しますが、パーソルワークスデザインでは業務に応じてチームを編成しているため、専門性の高い知識を蓄積しているのが特長です。きめ細やかなサービスで、貴社の人材採用をサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連リンク

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る