面接代行とは?採用面接の代行によるメリットとは?

面接代行とは?

人材採用における面接代行とは、本来社内の担当者が行う面接業務を外部の面接官が代行するサービスです。

近年の有効求人倍率はバブル経済期以来の高水準となっていることに加え、少子高齢化が急速に進行していることから、今後は益々人材獲得が難しくなると予想されます。そのため自社の採用手法やリソース見直しの一環として、要員計画や採用戦略等のコア業務に注力するために、応募受付や面接設定・管理といったアドミ業務、更には求人広告の出稿手続きや人材紹介会社との調整、会社説明会や一次面接等の採用選考におけるフロント業務(候補者との直接対応)も、採用代行業者へアウトソーシングする動きが広がりつつあります。

面接代行の背景とメリットとは

面接代行のメリットとして、主に次の2点が挙げられます。

面接工数削減

採用業務には、採用計画・戦略策定から募集企画、選考、内定・入社フォローに至るまで、膨大な採用プロセス・工数が存在し、面接対応も例外ではありません。良い人材を見極め動機づけるためには自社社員による面接が効果的ですが、その過程においては、有力/非有力が混在した候補者群と、時には複数回の面接を実施し、採用すべき人材を見定める必要があります。一次面接業務をアウトソーシングし一定基準に満たない応募者をスクリーニングする作業を省力化することで、より有力な候補者との面接に注力したり、その他のより成果に直結するコア業務に時間を割くことが出来ます。

面接評価基準の言語化・統一

面接の目的の一つは、求人企業において長期的に活躍できる人材かどうかを判断することです。そのためには、候補者の過去の行動事実を洗い出し、その再現性を期待できるのかどうかを評価すべきですが、面接官が不慣れな場合は、雄弁な候補者による過剰アピールを見抜けなかったり、面接官の好みや固定観念による評価のバラつきが生じてしまうケースがあります。面接代行サービスでは、事前に求人企業とすり合わせを実施し評価項目や基準を定義し言語化しますので、属人的でない、均一品質の面接業務が期待できます。

このように、工数削減や採用効率化、選考精度向上を目的として、面接代行をご利用いただいています。

企業における面接の大変さ

次に、採用担当者が感じる面接での見極めの難しさや、その対応策について考えてみます。

近年、人事業務の省力化によって、面接に不慣れな事業部門側の担当者が面接官にアサインされたり、テクノロジーの進化により、WEBカメラの向こうの候補者とのリモート面接を余儀なくされることがあります。また、就活マニュアルや転職支援会社のアドバイスを参考に面接対策を実施する候補者も増えてきていますし、求職者個人の価値観やキャリアも多様化しており、候補者の過去の経験を正しく理解することや、その確からしさを見抜くことは難しくなってきています。

その対策として、様々なテーマの質問を投げかけて対応力を判断する方法もありますが、有効な方法は、候補者が経験した具体的なシチュエーションに沿ってその時の行動を掘り下げる面接手法(いわゆる、コンピテンシー面接)です。テーマ設定の一例として、「困難な状況を乗り越えたエピソード」や「最近達成感や充実感を感じたこと」が挙げられます。候補者の過去の行動事実に着目し、当時の環境や課題・任務、行動事実、そして結果や成果に関する質問を繰り返し掘り下げることで、自社へ入社した際にパフォーマンスの再現性があるかを確認しましょう。また、候補者の志望動機や質問から入社意欲や志向性を測ることも間違ってはいませんが、特に中途面接の場合は、転職動機や転職活動軸、そして自社を志望した理由に一貫性があるかどうかをチェックしてください。

企業にとっての面接とは?

また採用企業が忘れてはならないもう一つの視点は、採用面接では、候補者を選ぶだけでなく、企業自身も候補者に選ばれる立場であることを認識することです。冒頭に申し上げた通り、昨今は売り手市場となっており、同時期に複数社の内定を獲得する候補者も多く存在します。また面接時の面接官の印象を入社の決め手に挙げる候補者も少なくありません。適宜、候補者には選考フィードバックや入社後の期待値・活躍イメージ、更にはその人の転職軸に合わせた自社の魅力を積極的に伝えていきましょう。

また、目の前にいる候補者は将来の自社ユーザーや取引先になりうる可能性もあります。あるいは、現時点では採用基準に満たない場合においても、今後経験やスキルを積むことで、貴社が求める人材へと成長するかもしれません。面接官の対応次第では、将来のユーザーや採用ターゲット人材を失うことになりかねませんので、面接官は会社を代表して候補者に接しているということを再認識しておくべきでしょう。

パーソルワークスデザインでは採用効率化・面接強化をサポートします

選考の質を高めて優秀な人材を採用する上で、面接が有効な手段であることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

パーソルワークスデザインは採用のプロフェッショナルとして、採用選考の質と効率化を高めるために、面接代行を始めとする多くの選考・面接支援サービスを提供しております。「人材要件定義」「選考プロセス・手法設計」「面接官トレーニング」「面接・選考イベント運営代行」といったサービスにより採用成果向上をサポートすることは勿論のこと、新卒採用を中心に広まりつつ動画面接手法や、面接設定・スクリーニングを省人化する面接調整ツール(チャットボット)等、最新の手法を取り入れた採用スキームのご提案もさせていただいております。

ぜひお気軽にパーソルワークスデザインまでご相談ください。

関連リンク

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る