面接代行とは? 広がっている背景や利用するメリットは?

2020.10.30

面接代行とは? 広がっている背景や利用するメリットは?

面接代行とはなにか? 広がっている背景とは?

面接代行とはなにか? 広がっている背景とは?

人材採用における面接代行とは、本来なら社内の担当者が行う面接業務を外部の面接官が代行するサービスです。

近年の有効求人倍率は高水準です。さらに、少子高齢化が急速に進行していることから、今後はますます人材獲得が難しくなると予想されています。

そのため、自社の採用手法やリソース見直しの一環として、次のような業務は採用代行業者へアウトソーシングする動きが広がりつつあります。

  • 応募受付
  • 面接設定・管理
  • 求人広告の出稿手続き
  • 人材紹介会社との調整
  • 会社説明会後の候補者との対応
  • 一次面接等の採用選考における候補者との対応

こういった業務をアウトソーシングすることにより、企業側は要員計画や採用戦略等のコア業務に注力することができます。

企業における「面接」の問題点と、その対策方法

企業における「面接」の問題点と、その対策方法

そもそも、企業側が行ってきた「面接」には次のような問題点が出てきていました。

  • 面接に不慣れな事業部門側の担当者が面接官にアサインされる
  • リモート面接の増加により、情報が伝わりにくい
  • 候補者の話す内容が似ている(就活マニュアルや転職支援会社のアドバイスを参考に面接対策を実施している)
  • 求職者個人の価値観やキャリアが多様化しており、対応が難しい
  • 候補者の過去の特異な経験や正確性を判断することが難しい

その対策として有効な方法は「コンピテンシー面接」と言われています。コンピテンシー面接とは、候補者が経験した具体的なシチュエーションに沿ってその時の行動を掘り下げていく面接手法です。

例えば「困難な状況を乗り越えたエピソード」に着目したら、その時の環境・課題・任務・行動したこと・結果・成果などに関する質問を繰り返して掘り下げていくのです。そうすることで、入社してもらった際にパフォーマンスの再現性があるか確認できるのです。

面接代行を利用する2つのメリット

「コンピテンシー面接」のように面接のやり取りにはノウハウがありますので、外部の面接官に代行させる「面接代行」には、多くのメリットがあります。次にメリットを2つ挙げてみましょう。

1. 面接工数を削減することができる

採用業務には次のように多くのプロセスがあります。

  • 採用計画・戦略策定・募集企画・面接・選考・内定・入社フォロー……

これらのプロセスのなかでも特に「良い人材を見極めて動機づける」ためには自社社員による面接が効果的です。しかし、面接では多くの候補者群と複数回にわたって会いながら採用すべき人材を見定める必要があります。

そこで、一次面接業務をアウトソーシングして「一定基準に満たない応募者」のスクリーニングについては省力化させることで、より成果に繋がるコア業務に時間を費やすことができます。

2. 面接評価基準を言語化し、統一できる

面接官の経験が乏しい場合、候補者が雄弁だった場合に過剰なアピールが見抜けないことがありえます。また、面接官の好みや固定観念による評価のバラつきが生じてしまうケースも少なくありません。

面接代行サービスでは、事前に求人企業とすり合わせを実施して評価項目や基準をしっかりと定義して言語化します。そのため、属人的でない、均一な品質の面接業務が期待できるのです。

パーソルワークスデザインでは面接代行のサービスを提供しています

このように、工数削減や採用の効率化、さらに選考精度の向上などを目的として、面接代行サービスは利用されてきています。

パーソルワークスデザインは採用のプロフェッショナルとして、採用選考の質と効率化を高めるために、面接代行を始めとした次のような選考・面接支援サービスを提供しております。

  • 「人材要件定義」
  • 「選考プロセス・手法設計」
  • 「面接官トレーニング」
  • 「面接・選考イベント運営代行」

上記のようなサービスにより採用成果向上のサポートはもちろんのこと、新卒採用を中心に広まりつつ動画面接手法や、面接設定・スクリーニングを省人化する面接調整ツール(チャットボット)等、最新の手法を取り入れた採用スキームのご提案もさせていただいております。

ぜひお気軽にパーソルワークスデザインまでご相談ください。

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る