アウトソーシングをすることによる5つのメリット・5つのデメリットを徹底解説

アウトソーシングのメリットとデメリット

アウトソーシングとは

アウトソーシング(Outsourcing)とは、業務に必要な人やノウハウを社内の外(アウト)から調達(ソーシング)することを指します。アウトソーシングの対象として、特にビジネスの様々なプロセスを外部に委託する動きをBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)と言いますが、BPOは近年において拡大傾向にあります。

たとえば、5つのプロセスの業務があったとして、1つだけのプロセスをアウトソーシングしていた企業が2つ3つと増やすことも多くなっていますし、そもそも最初のプロセスを決める段階からアウトソーシング企業に入ってもらうという動きも増加しています。

ではなぜアウトソーシングの動きが拡大しているかというと、やはり大きなメリットが背景にあるわけです。本記事では、メリットを5つとその反対にデメリットを5つ、併せて列挙しながら解説させていただきます。

アウトソーシングをすることによる5つのメリット

メリット1:コストの削減につながる

アウトソーシングをすることによってコストの削減につながります。ひとくちにコストといっても、いくつかの要素が考えられます。

業務効率の向上

アウトソーシング企業はその作業を専門的に行っていますので、自社で業務を進めるよりも効率が高くコストを下げることができる場合が多いです。

ムダな業務の削減

アウトソーシングの導入を検討する際には、現状の業務フローを調べたうえで可視化していきますので、ムダを発見しやすくなります。結果的に、アウトソーシングの導入自体がムダな業務を削減するきっかけになります。

人件費の抑制

アウトソーシングをすることにより、有能な社員に定型作業をさせてしまうといった損失が減らせますので、社員を適性配置することができます。これにより、ムダな人件費を抑制することにつながります。

固定費の削減

情報システムなどをアウトソーシングする場合は、システムを維持するための固定費が削減できます。また、設備ごとアウトソーシングすると空きスペースが生まれますので、スペースの有効利用が図れることにもつながります。

メリット2:専門的なノウハウを外部から入れることができる

アウトソーシングをすることにより、その委託先企業の高度な技術や長年培ってきた専門ノウハウなどを自社に取り入れることができます。その形式も多様で、業務によっては豊富なデータベースにアクセスすることができたり、専門家の知見とノウハウを取り入れた教育や研修を受けることができたりするケースもあります。

メリット3:日常の業務の品質が向上する

専門的なノウハウを外部から入れることで、業務の品質向上が見込めます。最新のツールやテクノロジーなどが必要になる場合、社内で導入することなくアウトソーシングによって最新技術を適用することができ、サービス品質が向上します。
また、アウトソーシングの導入時にルーティン業務と煩雑な業務を切り分けることで、社内では煩雑な業務に集中することができるようになりますので、そういった点からも業務品質の向上につながっていきます。

メリット4:「選択と集中」ができる

企業が競争力を高めるためには、サービスの価値を高めていく必要があります。そのためにはサービスの開発・成長にリソースを投下していくことになりますが、煩雑な業務に忙殺されてサービスの開発・成長に集中できていない企業も多くいらっしゃいます。
アウトソーシングを活用することで、自社のリソースを重要な事業へと集中させることができ、競争力を高めることにつながっていきます。

アウトソーシングで選択と集中

メリット5:組織を健全化させることができる

会社が成長していきますと、人員が増え、部署が増え、間接業務が増えていきます。会社の成長よりも組織の肥大化ばかりが進んでしまうと、本業の収益を圧迫することにもなりかねません。そのためにも、一部の定型業務はアウトソーシングしたり、自社にいない専門家を活用して業務を効率化したりしながら、組織を健全化させていくことができます。

アウトソーシングをすることによる5つのデメリット

デメリット1:社内の情報を外に出すリスクがある

会社の中には、人事情報や顧客情報など、多くの機密情報があります。業務のアウトソーシングをすることにより、これらの情報を外部の企業に提供することになるケースがあります。

アウトソーシング企業のセキュリティレベルを予め確認したうえで、さらにどういった情報をどのように扱うか、しっかりと取り決めておく必要があるでしょう。

セキュリティのリスク

デメリット2:ノウハウが社内に溜まっていかないリスクがある

アウトソーシングをすることによって社員がその業務を担当することがなくなりますので、業務負担が軽くなる一方で「経験値を高められない」というデメリットも生じます。決してアウトソーシング企業に丸投げしてしまうのではなく、定期的な運用報告を受けるなかで、ノウハウを共有してもらう必要があるでしょう。

デメリット3:費用対効果が悪くなってしまうケースがある

社内でおこなっている業務に「自社特有のツール」や「自社特有の業務フロー」がある場合に、標準化しにくいためにコストが増加してしまうケースがあります。アウトソーシングをすればコストダウンになると思っていたのに、実際には費用対効果が悪くなってしまうのです。この場合、「自社特有の作業が多くても標準化させることが得意」というアウトソーシング会社を選定することが、重要なポイントになってきます。

デメリット4:業務が煩雑化したり、フローが見えなくなったりしてしまう

社内でやっていた業務をアウトソーシングすることで外部とのやり取りが増えることになり、業務がかえって煩雑化してしまうケースがあります。また、一部の業務プロセスを外部に持っていくことで『ブラックボックス』のようになってしまい、業務の実態を正確に把握することが難しくなったという企業もあります。煩雑化させないよう速やかな対応をしてくれて、しっかりとした業務報告をしてくれるアウトソーシング企業を選ばなければなりません。

デメリット5:担当スタッフのモチベーション低下

ごく稀に、社内の中核となる業務をアウトソーシングしてしまい、担当していたスタッフや該当の部署全体としてモチベーションが低下してしまうケースもあるようです。業務を分析する際に、どの業務をアウトソーシングするべきなのかをしっかり見極めて外部に依頼するようにしましょう。

また、アウトソーシングをすることで会社にとってどういったメリットがあるのかをしっかりと社内で共有しておくようにしましょう。

モチベーションの低下

パーソルワークスデザインは、アウトソーシングのデメリットを補っています

パーソルワークスデザインは、BPO専業として50年以上やってきたノウハウを有しています。

高いセキュリティ環境でビジネスを遂行しているのはもちろんのこと、お客様によって異なる特有の業務対応を得意としています。

また、専門コンサルタントによる業務調査・業務分析で速やかに業務を切り分け、運用フェーズでの可視化も徹底させています。

お客様のニーズに合わせて柔軟に対応することを得意としておりますので、アウトソーシングでお困りのことがあるとか、ご検討されていることがある場合には、ぜひお気軽にご相談ください。

  • 新規ヘルプデスクを持ちたいご担当者さま向け! ヘルプデスクアウトソーシングのメリットと落とし穴 資料ダウンロード

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る