2020年3月27日
パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン 2020年4月
健康プラットフォーム「MeUP」(ミーアップ)
提供開始 戦略的な健康経営の実現をサポート

~健診の経年結果管理やストレスチェックなど4つの機能を搭載 人事管理者も従業員も情報一元化で工数削減・利便性向上~

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手がけるパーソルワークスデザイン株式会社(代表取締役社長:平林 由義、本社:東京都豊島区、以下 パーソルワークスデザイン)は、「はたらく人を健康に」をコンセプトに、からだと心、食を総合的にサポートする健康プラットフォーム「MeUP」(ミーアップ)を2020年4月より提供開始いたします。

背景

少子高齢化が進行する昨今、2030年には労働力が644万人不足すると推計※1されており、この課題に対応するため、生産性向上やリスクマネジメントは重要な課題となることから「健康経営」が注目されています。経済産業省の発表では、健康経営の企業理念に基づき、従業員などへの健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性向上などの組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待される※2としており、企業において健康経営は重要な経営戦略となっていくことが予想されます。こうした背景から、パーソルワークスデザインでは、企業人事や健保組合を対象に健康管理業務を簡易化・効率化するための健康プラットフォーム「MeUP」の提供を開始いたします。

「MeUP」に込めた想い

「Me」は自分自身、「UP」はより高く、向上などを表し、「MeUP」を通してすべてのはたらく人が健康でいきいきとした生活を送ってほしいという願いを込めました。

サービス概要

「MeUP」は「はたらく人を健康に」をコンセプトに、からだと心、食を総合的にサポートする健康プラットフォームです。企業人事などの管理者は従業員の健康情報を一元化し、煩雑な管理業務を1つのプラットフォーム上で実施することで健康管理業務の簡易化・効率化を実現します。従業員は自身の経年健診結果の閲覧やストレスチェックの実施など、健康管理への意識向上を促進します。また、企業人事や健康保険組合の担当者はコア業務に専念することができ、はたらく人の健やかな毎日や一歩進んだ健康経営の推進にお役立ていただけます。

特徴1:4つの機能をひとつのプラットフォーム上で一元管理、個社のインターフェイスで提供

健康管理業務は健康診断の管理業務のほか、健診予約、特定保健指導、ストレスチェックなどを単体のサービスとして販売するケースが多くありますが、「MeUP」では以下の4つを同一プラットフォーム上に備えています。

  • 1.健診の経年結果管理
  • 2.特定保健指導
  • 3.ストレスチェック
  • 4.食事の栄養素や摂取カロリー解析

従業員の健康管理情報を確認する際、項目毎にシステムへログインしていたものが、健康診断やストレスチェックの実施状況の確認やデータ抽出、特定保健指導の予約や面談の実施状況など、複数の項目を一元管理することが可能です。システムを一元化することにより管理工数やコストが削減され、より効率的な健康管理業務を実現します。
さらに、カフェテリア方式を採用し、必要な機能を選択した企業専用のインターフェイスで提供することが可能です。今後、「メンタル不全予防」、「健康イベント」などの機能も実装予定です。

システム利用料:契約企業1ユーザあたり500円/年間

特徴2:管理者用機能の充実、各担当者間での情報共有も「MeUP」上で可能に

健康管理業務には企業人事だけでなく、産業医や保健師、健康保険組合担当などの担当者も関わります。「MeUP」ではこれらの担当者の役割別に利用可能な機能を設けています。これにより、企業人事や健康保険組合担当者を中心にすべての担当者と「MeUP」上でデータの共有が可能になり、情報連携がスムーズになります。

企業人事の担当者
健康診断、ストレスチェックの受診状況や、二次健診対象者の把握
産業医・保健師
二次健診判定や面談記録など
健康保険組合担当者
指導対象者の進捗状況の確認

「MeUP」管理者画面(サンプル)

特徴3:既存サービスとの併用で健康管理をトータルサポート

パーソルワークスデザインでは、「健康診断の実施支援サービス」、「特定保健指導サービス」を提供しています。これらのサービスも併用してご活用いだくことで、健康管理業務の多くをパーソルワークスデザインにてトータルサポートすることが可能になり、企業人事や健康保険組合の担当者はコア業務に専念することができます。

「MeUP」利用フロー(パーソルワークスデザインの既存サービスを含む)

「MeUP」を介して従業員はより主体的に、企業人事と健康保険組合はより効率的に健康管理を実施することが可能になり、ひいては戦略的な健康経営の実現をサポートします。

パーソルワークスデザイン株式会社について

URL
設立 1971年1月
代表者 平林 由義
本社 東京都豊島区池袋2-65-18 池袋WESTビル
資本金 9,365万円
事業内容 パーソルグループのパーソルワークスデザインは、2018年10月に日本アイデックス、ハウコム、テンプスタッフ・ライフサポートが統合し誕生いたしました。BPO(Business Process Outsourcing)のプロフェッショナルとしてあらゆる業種のお客さまの一般事務から情報処理、システム設計、ソフトウェア開発、コールセンター、ヘルプデスク、保健指導、採用代行などのBPOサービスを提供しています。

「PERSOL(パーソル)」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

本件に関するお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社
総務部 広報担当
TEL:03-6907-4481
Email:pwd-pr@persol.co.jp

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る