2020年11月5日
パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン
地域コミュニティ活動支援ウェブサービス
「元気365®」をクラウド型CMSにリニューアル

~高齢者や障がい者、外国人など誰もが利用しやすくなるよう公的機関のサイトに必要なウェブアクセシビリティの基準に対応~

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手掛けるパーソルワークスデザイン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:平林 由義、以下パーソルワークスデザイン)は、19年の実績がある地域コミュニティ活動支援ウェブサービス「元気365®」をウェブアクセシビリティの基準である総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」への対応をはじめ、デザインテンプレートやイベント募集申し込み管理機能などを拡充し、クラウド型CMSにリニューアルいたしました。

背景:地域コミュニティ活動の情報発信や収集ができる
ポータルサイトへのニーズが高まっている

近年、各地域において、市民活動の他に、子育て、生涯学習、福祉などさまざまなテーマでのコミュニティ活動が広がりを見せており、各コミュニティの会員が主体となって情報を発信でき、かつ、地域情報を集約したポータルサイトへのニーズが高まってきました。
同時に、地方自治体など公的機関が運営するウェブサイトは、総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」をはじめとして、高齢者や障がい者を含む誰もが利用しやすいものとなるよう、ウェブアクセシビリティの確保・維持・向上に取り組むことが求められています。

概要:地域の市民、コミュニティ活動団体、企業、地方自治体が
共通で利用できる情報インフラ

地域コミュニティ活動支援のASPサービスである「元気365®」を、①ウェブサイトの構築、②運営を行うためのシステム、③システムを支えるクラウド基盤をワンストップで提供するサービスにリニューアルいたしました。
これにより、地域の市民、コミュニティ活動団体、企業、地方自治体の方々が共通で利用できる情報インフラとして、地域コミュニティの活性化を支援します。

元気365は協働のまちづくりを形にする地域活性化支援システム 企業の社会貢献(協賛、人的提供)、活動の支援、核としての参画 広範な市民参加による活動、地域活性化 企業商工業界、NPO・活動団体、行政の協働

リニューアルの概要

1. ウェブサイトの構築
デザインテーマを標準搭載。これによりサイトを一から構築する手間を省け、テーマごとの特色を生かした情報発信が可能になります。
2. 運営を行うためのシステム
アルファサード株式会社の「PowerCMS™ X」をベースに再開発。システム全体をCMS化することにより、更新が簡易に行えるようになるため、作業時間を短縮できます。
3. システムを支えるクラウド
クラウド基盤には、SLA99.95%のAmazon Web Servicesを利用。元気365®専用に構築したクラウド環境で、常に最新の市場動向に合わせたセキュリティ対策を行います。

リニューアルのポイント

1. ウェブアクセシビリティの確保

高齢者や障がい者など誰もが利用しやすいウェブサイト作成の公的機関向けガイドラインである総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」への対応に加え、普通の日本語よりも簡単で外国人にも分かりやすい「やさしい日本語」への自動翻訳サービス*が利用できます。

*オプションサービス。アルファサード株式会社のAIによる自動翻訳サービス「伝えるウェブ®」の仕組みを利用。

2. 8種のデザインテーマが利用可能

JIS X 8341-3:2016*の適合レベルAAに準拠した8種のデザインテーマを標準搭載。お好きなデザインテーマに必要な情報を入力するだけでウェブサイトの作成が可能です。

*「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」
高齢者や障がいのある人を含む全ての利用者が、使用している端末、ウェブブラウザ、支援技術などに関係なく、ウェブコンテンツを利用することができるようにするために、ウェブコンテンツが満たすべきアクセシビリティの品質基準。レベルA、レベルAA、レベルAAAという3つのレベルの達成基準が定められている。

3. イベント募集・申し込み管理機能を標準搭載

地域コミュニティ活動の発展に不可欠なイベントの参加受付、キャンセル受付期限や申し込み締切日時の設定、開催前のリマインドメール送信などの機能がご利用いただけます。

パーソルワークスデザインでは、「元気365®」をはじめとしたテクノロジーの活用による地域活性化を推進し、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指してまいります。

サービスに関するお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社
第二事業本部 公共ソリューション部一課
メール:365info@persol.co.jp
TEL:03-5960-7252

サービスの概要については、元気365®製品サイトでご確認ください。

パーソルワークスデザイン株式会社について

URL
設立 1971年1月
代表者 平林 由義
本社 東京都豊島区池袋2-65-18 池袋WESTビル
資本金 9,365万円
事業内容 パーソルグループのパーソルワークスデザインは、2018年10月に日本アイデックス、ハウコム、テンプスタッフ・ライフサポートが統合し誕生いたしました。BPO(Business Process Outsourcing)のプロフェッショナルとしてあらゆる業種のお客さまの一般事務から情報処理、システム設計、ソフトウェア開発、コールセンター、ヘルプデスク、保健指導、採用代行などのBPOサービスを提供しています。

「PERSOL(パーソル)」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

報道機関からのお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社 総務部 広報担当
TEL:03-6907-4481
MAIL: pwd-pr@persol.co.jp

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る