2021年3月2日
パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン、
HDI最上位認定の「サポートセンター国際認定」
を取得(再認定)

併せてHDI 七つ星認定取得

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手掛けるパーソルワークスデザイン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:平林 由義、以下パーソルワークスデザイン)は、世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体であるHDIの「サポートセンター国際認定」を取得(再認定)しましたことをお知らせいたします。

認定概要

HDI※1の「サポートセンター国際認定」は、サポート業界で唯一のサポートセンターに特化した国際スタンダードに基づくセンター認定プログラムです。TQC(総合的品質管理)のフレームワーク/アセスメントモデルであるEFQM(欧州品質賞)をベースに、HDI国際標準化委員会が全てのサポートセンターで活用できるよう、8つの要素※2、80のスタンダードについて4段階の完成度指標を定めています。HDI国際認定オーディタ(監査官)が資料確認や現地観察、インタビューなどを通して監査し、一定の基準をクリアすることにより認定となります。認定を取得することにより大変優れたサポートセンターであることが証明されます。

※1HDIは、1989年に米国に設立されたサポートサービス業界における世界最大のメンバーシップ団体であり、世界初の国際認定制度を築きあげました。HDIは世界で5万を超える会員を有しています。

※2リーダーシップ、方針と戦略、従業員管理、サポート資源、プロセスと手順、従業員満足、顧客満足、実行結果

サポートセンター国際認定(再認定)およびHDI「七つ星」認定について

パーソルワークスデザインでは2018年に「サポートセンター国際認定」を取得し、これまで国際スタンダードに基づいたコンタクトセンターの運用を実施してまいりました。今回は取得後初の更新となり、8つの要素全てで合格ラインを越え取得(再認定)に至りました。
なお、HDI-Japanは、HDI格付けベンチマークを推進しており、従来の「三つ星」「五つ星」に加え、2019年より優れたセンターの最高峰で全てのサポート組織の目標となるサポートセンター国際認定を「七つ星」として明示することとしていました。今回「サポートセンター国際認定」(再認定)を取得したことにより、七つ星企業として認定されました。

パーソルワークスデザインは、この度の認定を受け、全てのサポートセンターの目標となるような高品質な運営を行い、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指してまいります。

パーソルワークスデザイン株式会社について

URL
設立 1971年1月
代表者 平林 由義
本社 東京都豊島区池袋2-65-18 池袋WESTビル
資本金 9,365万円
事業内容 パーソルグループのパーソルワークスデザインは、2018年10月に日本アイデックス、ハウコム、テンプスタッフ・ライフサポートが統合し誕生いたしました。BPO(Business Process Outsourcing)のプロフェッショナルとしてあらゆる業種のお客さまの一般事務から情報処理、システム設計、ソフトウェア開発、コールセンター、ヘルプデスク、保健指導、採用代行などのBPOサービスを提供しています。

「PERSOL(パーソル)」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

報道機関からのお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社 総務部 広報担当
TEL:03-6907-4481
MAIL: pwd-pr@persol.co.jp

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る