2021年3月22日
パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン、東京大学と共同で
自ら心身の状態に気づき、不調への自発的なケアを促す
「セルフモニタリング」システムを開発

社員一人一人の健康意識を高め、リモートワーク時代の健康経営をサポート

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手掛けるパーソルワークスデザイン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:平林 由義、以下パーソルワークスデザイン)は、東京大学大学院教育学研究科(研究科長:秋田 喜代美、東京都文京区、以下 東京大学)と共同で、社員が心身の状態に関心を持ち、自らのはたらき方を主体的に考える「セルフデザイン力」を育む「セルフモニタリング」システムを開発しました。社員のセルフデザイン力向上の支援を通じて、企業の健康経営への貢献を目指します。

開発背景:
リモートワークなどコロナ禍による社会構造の転換に適応し、生産性を維持することが急務

日本の産業界では、長年にわたって心身の健康上の問題により就業中の生産性が低下する「プレゼンティズム」の問題が指摘されてきました。
特に最近では、コロナ禍で急速に進んだリモートワークによって、仕事と生活の切り替えが難しくなるなど、社員にとっては新たな心理的ストレスも発生しています。同時に、企業にとっては、社員の心理状況が把握しにくい環境になりました。こうしたコロナ禍がもたらす社会構造の転換に適応し、組織の生産性の維持・向上を図ることが急務です。

開発に向けた調査研究結果:
自らのはたらき方を主体的にデザインする「セルフデザイン力」が生産性低下を予防することが判明

パーソルワークスデザインと東京大学下山研究室は、仕事と生活の切り替えを的確に行う要因を明らかにするための調査研究を実施しました。

調査研究内容

対象 コロナ禍以降にリモートワークを経験した2群(週1〜2回の低頻度群、週3〜4回の高頻度群)
調査方法 質問紙調査
質問項目
  • リモートワークに伴う心理的問題を測定する質問(仕事と生活の切り替えの難しさやパフォーマンスの低下など)
  • 普段の働き方に関する質問項目

結果

回答を統計分析した結果、会社による従業員管理ではなく、社員一人一人が心身の状態をモニタリングし、自らの働き方を主体的にデザインする「セルフデザイン力」こそが、仕事と生活の上手な切り替えを促し、生産性の低下を予防する効果を持つことが示されました。さらに、リモートワークの頻度が増加するほど、セルフデザイン力がより重要になることが明らかにもなりました。

開発の内容:
自らの心身の状態に興味を持ち、自発的なケアを促す「セルフモニタリング」システム

調査研究結果を受け、パーソルワークスデザインと東京大学下山研究室は、社員一人一人のセルフデザイン力を育む「セルフモニタリング」システムを共同で開発しました。

「セルフモニタリング」システム概要

  • (1)テーマが設定されたサーベイを週に1度実施し、自分のコンディションを見える化する
  • (2)コンディションにあわせて、改善のために自ら取り組める生活の工夫などをフィードバック

(1)(2)を繰り返すことで、自らの心身の状態に興味を持ち、自己の状態にあわせてはたらき方を調整できるセルフデザイン力を育むことを支援していきます。

参考:「医療モデル」であるストレスチェックとの違い
ストレスチェックは、不調者の早期発見と職場環境の改善という企業側の管理的側面が強い「医療モデル」です。管理に対する懸念から回答がゆがみやすい、専門的な心理相談につながりにくい、という課題があります。
一方、今回の「セルフモニタリング」システムは、社員の主体性を育む「成長モデル」に基づいています。企業の管理から離れ、自分の心身の状態に興味を持ち、自発的にケアするようになるための環境を提供します。

[医療モデル:不調者の早期発見]専門機関(医療など)とストレスチェック(問題の指摘)間の相談へのギャップ [成長モデル:セルフデザイン力を支援]「セルフモニタリング」システム:自分の状態に気づき、ケアする アバター心理相談:(相談への敷居を軽減)動機づけと促進 セルフデザイン力(自発的相談へ) 図版提供:東京大学下山研究室

今後のサービス展開について

「セルフモニタリング」システムは、現在開発中の相談者、心理師共にアバターを通して相談や支援を行っていくこころの健康 アバター支援サービス*「KATAruru(かたるる)」に導入を予定しています。

*こころの健康 アバター支援サービスの開発については、以下のニュースリリースご参照ください。
パーソルワークスデザイン、東京大学・UsideUと共同でアバターを活用した心理相談サービスの開発を開始(2020年6月15日)

パーソルワークスデザインでは、はたらく人が自分の状態に気づき、主体的に対処する力や、仕事と生活のあり方を問い、自ら組み立てながらはたらけるようになることを支援し、ウィズコロナ・ポストコロナ社会における健康経営に貢献していきます。

サービスに関するお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社
部署名:人事ソリューション本部人事支援部クライアントサービス課
問い合わせフォーム: https://sub.persol-wd.co.jp/inquires/新しいタブで開きます
TEL:03-6907-4481

パーソルワークスデザイン株式会社について

URL
設立 1971年1月
代表者 平林 由義
本社 東京都豊島区池袋2-65-18 池袋WESTビル
資本金 9,365万円
事業内容 パーソルグループのパーソルワークスデザインは、2018年10月に日本アイデックス、ハウコム、テンプスタッフ・ライフサポートが統合し誕生いたしました。BPO(Business Process Outsourcing)のプロフェッショナルとしてあらゆる業種のお客さまの一般事務から情報処理、システム設計、ソフトウェア開発、コールセンター、ヘルプデスク、保健指導、採用代行などのBPOサービスを提供しています。

「PERSOL(パーソル)」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

報道機関からのお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社 総務部 広報担当
TEL:03-6907-4481
MAIL: pwd-pr@persol.co.jp

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る