第二事業本部 第五ソリューション部
小林 浩士(KOBAYASHI Hiroshi)
2019年 中途入社

医療業界からの転職。ここでキャリアを積むことは、どこでも通用する力を身につけることにつながる。

  • キャリア採用
  • ワークスのプロ
  • コールセンター
  • 佐世保OSC
  1. 採用トップ
  2. 社員インタビュー
  3. 小林浩士

01.前職は理学療法士。そこでITに興味を持ち、新しいことに挑戦したいと当社へ。

私は以前、理学療法士として佐世保市内の病院に勤務していましたが、業務でパソコンを使う機会が多かったため、個人的にPCの基礎知識習得に向けた勉強をしていました。そのうちITへの興味もどんどん湧き、一度理学療法士を休職し職業訓練校に通い、ITパスポートなどの専門資格を取得。修了後、医療業界に戻るか、IT関連の仕事に就くか迷っていたところ、当社の求人に出会いITヘルプデスク業務に関心を持って応募したのです。面接時にお会いした社員の方がとても温かく、前職の理学療法士時代のことも含め、私の話を1時間半にわたって熱心に聞いてくださいました。アウトソーシング業界はまったくの未経験でしたが、新しいことに挑戦したいという意欲を買っていただき、私もぜひここにお世話になりたいと入社を決意しました。

02.大手メーカー向けITヘルプデスクプロジェクトに参加。オペレーターとしてキャリアをスタート。

私は現在、佐世保アウトソーシングセンター(佐世保OSC)に所属し、大手メーカー向けITヘルプデスク業務にオペレーターとして携わっています。お客様の社内システムにトラブルが起こった際、社員の方からのお問い合わせにお電話で対応し、問題の解決策を提示していくことが私たちのミッションです。入社後、1カ月ほどスーパーバイザーの方から教育を受けた後、オペレーターとしての業務をスタートしていますが、毎日新しいチャレンジが多く成長を実感できています。佐世保OSCでは「新しいを、楽しもう」というスローガンを掲げており、センターの雰囲気も私の新たな挑戦を後押ししてくれました。「こんなふうに仕事を進めたい」と想いを伝えれば、先輩方も快く受け入れてくれる環境にモチベーションもどんどん上がり、とても刺激的な毎日を送っています。

03.仕事を通じて「誠実さ」や「感謝の気持ち」がおのずと身についていく。

最近では、お客様に対してスムーズに電話応対ができるようになりました。お客様がお困りになっている問題を、自分なりの工夫を交えて解決できた時は大きな喜びを感じます。それは、かつて理学療法士で患者さんを治療することで味わった喜びと似ています。対象が患者さんから企業のお客様に変わっただけで、基本的な仕事のスタンスは変わりません。一方で当社に入社して実感するのは、社会人としての基礎力を大いに高められる場所だということ。「誠実」とは何か、「感謝」とは何か、先輩方が身をもって示してくれます。お客様のために業務を改善しようと努力したり、お客様に不快感を与えないコミュニケーションを追求したり、チームの仲間同士で助け合ったり、まわりの先輩方がそうした姿勢で仕事に取り組んでいるので、私も自然に意識が持てるようになりました。「誠実」で「感謝」の気持ちにあふれた社員が多いからこそ、当社はお客様から高く信頼されているのだと思いますし、ここでキャリアを積めば、もし他の会社に移っても十分評価されるような人になれると感じています。

04.私が受けた恩義を、今度は自分がリーダーになって新しい方へお返ししたい。

私はまったくの未経験で入社しましたが、ゆくゆくはリーダーになり、人を育てて率いていく立場に就きたいと思っています。こう想えるようになれたのは、何も知らない私に先輩方が親身になって指導してくれたからこそ。そのおかげで成長できたという恩義を感じていますし、これから新しく入社される方に、今度は私がその恩をお返ししていきたいと思っています。まずは社内の研修会などで講師を務められるようになり、その後はスーパーバイザーやマネージャーのポジションに就いてセンターをさらに発展させていく力になれればと考えています。

Schedule一日のスケジュール

  1. 8:30出社。業務の準備およびヘルプデスク業務開始。
  2. 9:00お客様からの電話での問い合わせに応対。
  3. 12:00ランチ休憩
  4. 13:00ヘルプデスク業務再開。難しい問題は関係部署と連携して対応。
  5. 15:00お客様システムへのユーザー登録など、事務作業を担当。
  6. 17:30残務処理。退社。

Private休日の過ごし方

オンとオフが明確。メリハリのある生活でストレスがない。

理学療法士時代は残業も多く、昼休みもなかなか取れないという状況の中で仕事に従事していましたが、当社はオンとオフの切り替えがはっきりしていて、仕事に集中する時はする、休む時はしっかり休むという働き方なのでストレスが大きく減りました。これから仕事に余裕が出てきたら、オフにジムに行って体を鍛えたり、旅行に行ったりしたいと思っています。

  • 所属部署・掲載内容は取材当時のものです。