特集

今後も更なる成長が期待されるBPO事業。テクノロジーの進化を、私たちのビジネスの進化につなげたい。

  1. 採用トップ
  2. 特集
  3. BPOサービスの展望

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスは、パーソルワークスデザインの主力事業の一つ。具体的に現場ではどのようなサービスを提供しているのか、この事業でキャリアを積む魅力について、部門を率いる二人の部長がお話します。

Member Profile

  • 仁科 郁昭 仁科 郁昭 第一事業本部 業務一部 兼 営業部 部長
  • 小畑 恵太郎 小畑 恵太郎 第一事業本部 業務二部 部長

バックオフィス業務や、運営業務などで実力を発揮。

バックオフィス業務や、運営業務などで実力を発揮。

仁科 当社のBPOサービスを担うメインの組織が、現在我々が所属している第一事業本部です。当本部には大きく2つの柱があり、うち一つが私の率いる業務一部で手がける生命保険会社のお客様向けのサービスです。

小畑 そしてもう一つが、資格・検定試験を主催しているお客様に向けたサービス。こちらは私が部長を務める業務二部で担当しています。

仁科 生命保険会社に向けたサービスは、我々が長年に渡って実績を積み重ねてきた分野です。お客様のビジネスは、保険のお申込書の処理に始まり、ご契約者様への保険証書の発送、更には保険金の請求支払い処理まで、バックオフィスで膨大な事務を行わなければなりません。こうした一連の業務を受託し、お客様に代わって遂行していくのが我々の提供しているサービスです。現在は、ある外資系生命保険会社のバックオフィス業務を当社が一括して担っており、社内で大きなプロジェクトを組んで業務を運用しています。

バックオフィス業務や、運営業務などで実力を発揮。

小畑 業務一部と同じく、これまでの知見や実績を活かし5年ほど前から新たな事業として拡大しているのが、資格・検定試験のサービスです。今世の中には沢山の資格や検定があり、就職やキャリアアップに役立てようと多くの方が受験されています。試験を運用する上でも、試験の申込受付、試験会場の運営、答案の採点、合否の通知などの様々な業務が発生するため、対応のお問い合わせをいただくケースが増えており、いまや資格・検定試験を主催する60を超える企業や団体のお客様とお取引させていただいています。

仁科 我々のサービスは、お客様からご依頼いただいた煩雑な事務作業を「ミスなく確実に実行できる」力を持っていることが必要です。またミスがないという業務の品質はもちろん、セキュリティも極めて重要です。生命保険会社向けのサービスでは、契約者の方の個人情報を極めて慎重に扱わなければなりませんし、資格・検定試験のサービスでは、試験の問題などが絶対に事前に漏れてはならない。このセキュリティ体制においても当社は万全で、かつ真面目で責任感の強いスタッフが揃っていることも、お客様からの高い評価に繋がっていると思いますね。

サービスの先を見据え、IT活用などの新しい仕組みを企画提案。

仁科 我々のサービスは、あまり一般の方々の目に触れることはありませんが、当社に業務をご依頼いただいた企業のお客様にとって無くてはならないもの。また我々がいなければ、現在お取引している企業のお客様のビジネスは成り立たない、といっても過言ではありません。

小畑 そう。この仕事の一番の醍醐味は、お客様から「パーソルワークスデザインさんがいてくれて本当に良かった」という言葉をいただけることです。仁科さんが言ったように、当社はお客様の大切な業務プロセスをお預かりしているので、もしも我々がいなくなれば、お客様にとってはいわば電気や水道が止まってしまうのと同じこと。それだけ責任も大きく、だからこそお客様からの評価や感謝の言葉が心に響きますよね。

仁科 プロジェクトの重要なポジションでは、若手のリーダーも多く活躍していて、みな懸命にお客様と向き合い、スタッフをまとめながら業務を運用しています。

小畑 部を率いる立場としては、若手社員が「お客様のために何かできないか」と自分なりに考えて行動に移していくなど、彼らの成長を目の当たりにした時もとても嬉しい瞬間ですね。

仁科 お客様から受託した業務を確実に行うことはもちろん大切ですが、それだけではこれから生き残っていくのは難しいですよね。お客様に更なるメリットを提供できるよう、我々も積極的にアイデアを出して提案していかなければならない。最近の大きなテーマは、ITの活用ですね。生命保険会社の申込書などはまだ手書きの形式が多いため、手書き文字をスキャンしてデジタルデータ化するOCR(光学文字認識)のテクノロジーを導入してシステムで処理できるようにしたり、申込書の不備などをAI(人工知能)で自動的に判断できるようにしたりする。そうすればお客様の業務の質とスピードが格段に向上し、大きな価値を当社が提供することができます。

小畑 資格・検定試験のサービスもそうですね。手書きの答案は人が採点する必要がありますが、答案をデジタルデータ化すれば、インターネットを通じてどこでも採点ができるようになり、業務の効率化に繋がります。また、合否通知も郵送ではなくWeb上で確認できるようにすれば、お客様のコストも抑えられ、受験者の方々の利便性も増します。

仁科 当社で働く方には、プロジェクトの現場をマネジメントすることはもちろん、こうした新しい仕組みを企画してお客様に提案していくことにも力を奮ってほしいですね。

サービスの先を見据え、IT活用などの新しい仕組みを企画提案。

新たなプロジェクトが続々。ここで経験を積めば、どこでも通用する人材になれる。

小畑 これからは新しい市場の開拓にもどんどんチャレンジしていきたいと考えています。最近では、企業のお客様から経理業務のお問い合わせが増えています。企業の経理もまだまだ事務作業が多く、我々が培ってきたナレッジが十分に活きる分野。すでに数社と取引が始まっており、今後も有望です。

仁科 生命保険会社向けのサービスも、今は限られた主要なお客様に向けて提供していますが、他の保険会社のお客様にも展開して新たな案件を獲得していきたいと考えています。

小畑 これから新しいプロジェクトがどんどん立ち上がっていくので、まだまだ人材が必要です。だからこそ、意欲ある方には是非当社で活躍していただきたいですね。

仁科 BPOサービスを展開する事業でキャリアを積む面白さは、様々な業界、企業のビジネスを経験できること。これまでお話ししたように、生命保険会社の業務プロセスを自分で動かしていくこともできれば、資格・検定業界でクライアントに代わって事業の運営をしてくこともできる。先ほど小畑さんが言った経理業務のサービスでも、経理部門はどの企業にも存在しているので業界も問わない。経験できることの幅が、他の普通の企業とは大きく違うと思いますね。

小畑 本当にそうですね。そして、プロジェクトを任される機会も多いので、我々のサービスを更に進化させてお客様に新しい価値を提供するためには何をすべきか、自分で考えたことをお客様に提案して実現できる。そうした経験を積んでいくと、当社の外に出ても十分に通用する、市場価値の高い人材になれると思います。会社としても、社会にとって価値の高い人材の集まる組織にしていきたいという考えを持っていて、他の企業からスカウトされるぐらい自分を成長させたいという想いのある方には、まさに絶好のフィールドだと思いますね。

新たなプロジェクトが続々。ここで経験を積めば、どこでも通用する人材になれる。
  • 所属部署・掲載内容は取材当時のものです。