競合会社との差別化にお悩みのシステムインテグレータの皆様へ

昨今、システムインテグレータに求められるものとして、
『開発』『監視』だけではなく、
『問い合わせに対する速やかな回答』が挙げられます。「問い合わせに割けるリソースが不足し、回答に時間がかかってしまう」
「特定の担当者しか回答ができないなど、属人化している」このような状況を改善することが出来なければ、
競合会社と差をつけられる一方となってしまいます。

貴社のソリューションに、
高品質のヘルプデスク窓口をプラスして、
競合会社と差をつけませんか?

~従業員・ユーザー満足度が向上するヘルプデスクのご案内~

サービスの特長

  1. KCS運用ノウハウを生かした高品質なヘルプデスク運用

    ITヘルプデスク運用で培った長年のノウハウに加え、ヘルプデスクのベストプラクティスである
    『KCS(Knowledge Centered Service)』を導入した企業としては日本でも先駆的存在です。
    ※KCSとは
    KCSにより以下の成果を得ることが見込めます。
    ①応対の均質化・品質向上
    -問い合わせ対応のデータを蓄積、活用することでオペレーター教育の効率化と、高品質な応対を維持します。
    ②迅速な回答・解決までの時間短縮
    -データベースから速やかに適切な回答が可能になり、他の方に対応を回すことなく効率的な解決ができます。
    ③チャットボットやFAQの活性化
    -データベースを更新し続けることにより、より貴社の利用しやすいチャットボット、FAQの実現に発展させます。

  2. ニアショア運用でのBCP対策

    昨今のコロナ禍・国際情勢などから、BCPへの意識が各企業で高まっています。弊社は関東・九州の2地域にてアウトソーシングセンターを有しており、BCP対策として地域分散を検討している企業からお問い合わせいただくケースも増えております。

  3. 多彩なアウトソーシング業務の複合的提案が可能

    アウトソーシング事業会社3社とRPO事業部の4事業体が統合してできた総合アウトソーシング会社として、
    BPO、HR、ヘルプデスク、ヘルスケア事業といった多彩なサービスを複合的に提案することができます。

事例のご紹介

以下がパーソルワークスデザインのヘルプデスクを活用したお客様の事例です。

生活用品メーカー様 代理店向けITサポート業務

KCSの活用により、対応品質が標準化されることで運用の定着化が進み
半年間で20%~30%の回答率を向上させました。

競合会社との差別化にお悩みのシステムインテグレータの皆様へ
競合会社との差別化にお悩みのシステムインテグレータの皆様へ


6ヶ月間のKCS運用により、1次回答率・初回解決率※ が向上しています。

  1. Before

    1次回答率59.3%

    初回解決率30.2%

  2. After
      1次回答率84.4%
      初回解決率78.2%

※1次回答率は、エスカレーションをすることなく、最初の受付で回答できた割合を指します。
初回解決率は、最初のコンタクトで解決に導いた割合を指します。

パーソルワークスデザインのITヘルプデスクを導入して、
サポート体制を強化しましょう。
貴社のITサービスをより
価値の高いものに変えていけるよう支援いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る