一次レベルヘルプデスクサービス

ユーザー(ITサービス利用者:社員または従業員)からの電話やメール、チャットでのお問い合わせを受けて回答する総合窓口の役割を担います。

当社の理想は、問い合わせが“ゼロ”のヘルプデスクです。

なぜ問い合わせ“ゼロ”を理想とするのか。

それは、昨今の高度なIT化が進んだビジネスシーンでは、ITトラブルの根本原因の排除が求められているからです。
根本原因を排除していくことで、問い合わせはゼロに近づき、お客さまは本業に専念していただける。

それこそが、他社とは異なる「当社の目指すヘルプデスク」なのです。

一次レベルヘルプデスクサービス

アプリケーションやITシステムの一般的な操作に関するお問い合わせへの回答、障害受付と問題の切り分け、二次・三次窓口へのエスカレーション(転送)など、システム利用者である従業員の利便性追及のための総合窓口の役目を担います。

一次レベルヘルプデスクサービス:ユーザーからお問い合わせ。お問い合わせ受け付け(SPOC)とインシデントコントロールチームが未知エラーの判断。お問い合わせ受け付け(SPOC)が既知エラーの検索。ナレッジ管理者へインシデント。ナレッジ管理者が既知エラーをナレッジ化(既知エラーDB(ナレッジ))。ユーザーへ回答する。

SPOC
シングルポイントオブコンタクト。ユーザーからのシステム利用に関するお問い合わせや要求を、1つの窓口ですべて受け付けし対応する仕組みのこと。

一次レベルヘルプデスクサービスの詳細メニューまたは作業

  • シングルポイントコンタクト(全問い合わせ受け付け)
  • インシデント管理
  • ナレッジデータベース管理
  • エスカレーション
  • エスカレーションされたインシデントの監視

一次レベルヘルプデスクサービス 導入事例

当社のヘルプデスクがお客さまから求められる理由

ヘルプデスク無料診断サービス

貴社ヘルプデスクの状況を簡易にセルフチェックできる「ヘルプデスク無料診断サービス」もご用意しております。
詳しくは下記のリンクをご参照ください。

ご提案はお客さまのニーズに合わせ、個別にカスタマイズさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る