【1か月限定 アーカイブ配信】ワーケーション成功事例とデジ田計画最新情報を解説!

皆様の「ウェビナーを見たい!」という声にお応えし、アーカイブ配信中!

近年、テレワークが各企業で推進される中、観光地やリゾート地など普段のオフィスとは離れた場所ではたらく「ワーケーション」が注目を集めています。はたらく個人からのニーズもある一方で、関係人口の創出観光業・商業の活発化も推進することができるため、多くの自治体でワーケーションの取り組みが推進されています。

パーソルワークスデザインが宮崎県日向市で実施したワーケーション事業は、初年度に12名枠に対し105名の応募があり、参加者全員が「満足した」という結果になりました。「お仕事付き」であることが、このワーケーション事業のユニークなポイントです。「お仕事付き」で、「地域に多様な仕事が無い」という課題をクリアするべく取り組んでいます。加えて、日向市の魅力を味わえる「体験プログラム」や、自然豊かな環境を生かした「ワーケーション型研修」も開発しています。取り組みは、3年目を迎え、さまざまな目的の利用者がワーケーションに訪れる集客チャネルを作っています。
https://www.persol-group.co.jp/ing/2020/20201225_7047/index.html

本ウェビナーでは、内閣府地方創生推進室の野村栄悟氏日向市商工観光部の新玉祐史氏をゲストに迎え、ワーケーション事業に取り組む背景や、交付金申請・自治体内で企画を進めるにあたってのポイント、自治体がワーケーションに取り組むための交付金「デジタル田園都市国家構想推進交付金(地方創生テレワークタイプ)」の2022年度最新情報(申請状況・活用事例)についてお話いただきました。また、パーソルワークスデザインのワーケーションサービスについてもご紹介しました。

 

【ウェビナーの内容】

①ワーケーション事業の進め方
(日向市商工観光部 新玉様より)
・ワーケーション事業の背景
・ワーケーション事業の概要
・交付金申請・自治体内で企画を進めるにあたってのポイント

②日向市ワーケーション事業とワーケーションサービス
(パーソルワークスデザイン株式会社 長野より)
・日向市ワーケーション事業の詳細
・パーソルワークスデザインの「お仕事付き」ワーケーションサービスのご紹介

③2022年のデジタル田園都市国家構想推進交付金(地方創生テレワークタイプ)について
(内閣府地方創生推進室 野村様より)
・2022年の政府骨太方針より、デジ田都市国家構想の最新情報(申請状況・活用事例)

 

 

2022年8月22日18:00まで視聴可能となっておりますので、ご希望の方はお早めにご視聴ください。

  • すでにシェアオフィスを開所しているものの、関係人口がなかなか増えない
  • ワーケーションの興味関心はあるが、どのように検討していけばよいかわからない
  • デジタル田園都市国家構想推進交付金などを活用したワーケーション推進事業を検討している

開催概要

日時 2022年6月29日に開催済み

お申し込み

個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、必要事項をご入力の上「お申し込み」ボタンを押してください。

本件に関するお問い合わせ

パーソルワークスデザイン株式会社 ウェビナー事務局
pwd-webmarketing@persol.co.jp

ページトップに戻る