ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉

ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉
ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉_ページ_02
ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉_ページ_03
ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉
ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉_ページ_02
ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?〈応用編〉_ページ_03

<全14ページ>

近年では、採用費の高騰や人手不足が原因で、サポートセンターもオペレーターを確保するのが難しい状況です。
また、問い合わせ者の中にも「できるだけ少ない労力で問題を解決したい」という望みを持つ方が多くいます。

これらの課題を解決する1つの方法に「ナレッジの有効活用」があげられます。ナレッジを使って、問い合わせ対応を標準化・自動化することで、ユーザーにストレスを与えない仕組みを作り上げることができるでしょう。

本書では、ユーザーにストレスを与えないサポートの形である「エフォートレスなサポート」という考え方について解説したうえで、ナレッジマネジメントのベストプラクティスである「KCS」を活用した事例についても解説いたします。
※ 本書は『ヘルプデスクを安定的に運用させる「KCS」とは?≪基本編≫』をご覧いただいてから読むことをおすすめします。

≪ 目次 ≫

  • 発展ループとは?
  • サポートセンターの現状
  • 『エフォートレスなサポート』とは?
  • シフトレフトの考え方について
  • KCSで蓄積したナレッジデータの活用例
  • ホワイトペーパーをダウンロードしてくださった方へ特別なご案内

コールセンターの品質を上げる「顧客視点」について、詳しく知りたい方はぜひ本資料をダウンロードください。

ページトップに戻る