2022年2月4日
パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン、
スポーツエールカンパニー2022に初認定

総合人材サービスのパーソルグループで、BPO、ヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手掛けるパーソルワークスデザイン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:平林 由義、以下パーソルワークスデザイン)は、スポーツ庁所管の「スポーツエールカンパニー2022」にて、社員の健康増進のためにスポーツ活動の支援や促進に向けた積極的な取り組みを実施している企業として、「スポーツエールカンパニー」に認定されました。

スポーツエールカンパニーとは

「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業を「スポーツエールカンパニー」として認定している制度です。この度、「スポーツエールカンパニー2022」として685社が認定されました。
出典:「スポーツエールカンパニー2022」として685社を認定(スポーツ庁)
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/jsa_00095.html

概要:日常生活の中で身体を動かすことを意識してもらう取り組みを実施

パーソルワークスデザインでは、コンタクトセンターやヘルプデスクの業務をはじめとした、デスクワークをメインとする業務が多いため仕事中に身体を動かす機会は少なくなっています。また、コロナ禍で在宅勤務が増加したことにより運動不足やコミュニケーション不足が課題となっています。
そこで従業員が日常生活の中で身体を動かすことを意識し、コミュニケーションを活性化できるよう以下3つの取り組みを実施しました。これらの取り組みが認められこの度の認定に至りました。

<ストレッチセミナー>
肩や首の凝りに効き身体の柔軟性を高め、職場や家でもできるストレッチについて、外部講師を招きセミナーを実施。地方拠点や在宅勤務者も参加できるようZoomで実施し、全国から約80名が参加した。就業中も身体を動かすことへの意識が高まり、部署単位でストレッチの時間を設ける例も見受けられた。

<Suntory+導入>
歩数によってポイントがたまる健康増進アプリを導入し、日々の歩数を把握することで歩くことへの意識づけを行っている。また、アプリ内のミッションを達成することでもポイントがたまり、運動に関するミッション(階段を使う、早歩きをするなど)も含まれる。

<ウォーキングラリー>
参加希望者の平均歩数が均一になるようチームを組み、自分の目標歩数を設定し、目標歩数に対する歩数差でランキング、毎週チームランキングと個人ランキングの上位を発表しています。モチベーションを高めるためチームで励まし合い、楽しみながら歩数を増やすことができています。

パーソルワークスデザインは、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指し、従業員の健康増進に取り組んでまいります。

パーソルワークスデザイン株式会社について

https://www.persol-wd.co.jp/

パーソルグループのパーソルワークスデザインは、2018年10月に日本アイデックス、ハウコム、テンプスタッフ・ライフサポートが統合し誕生いたしました。BPO(Business Process Outsourcing)のプロフェッショナルとしてあらゆる業種のお客さまの一般事務から情報処理、システム設計、ソフトウェア開発、コールセンター、ヘルプデスク、保健指導、採用代行などのBPOサービスを提供しています。

報道機関からのお問い合わせ先

パーソルワークスデザイン株式会社 総務部 広報担当
TEL:03-6907-4481
E-mail:pwd-pr@persol.co.jp

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る