2023年12月15日
パーソルワークスデザイン株式会社

実践女子大学にて当社社員が講義を行いました

実践女子大学の「経済学概論」「キャリア・デザイン論」「現代企業論」にて当社人事部の社員2名が講義を行いました。
本講義は同大学教授の吉田雅彦先生の講義の一環で実施されたもので、実際に働いている社会人の実体験を伝えることで、「授業で学んでいることが、どのように社会で活きるかをリアルに実感してもらいたい」という吉田教授と当社との想いから実現しました。1年生から4年生の延べ241名の学生の皆さんに受講いただきました。

講義内容

経済学概論「人生の選択に活きる経済学の価値」
経済学を学んでおくことが、今後の人生においてどのような価値となるのか。社会人の実体験をもとにその価値と観点をワークを通して認知する。

キャリア・デザイン論「キャリアデザイン 初めの一歩」
なぜキャリアデザインを行う必要があるのか、行うことにどんな価値があるのか。社会人の実体験とケーススタディによりその価値を体感し、実際に自身の価値観を考えるワークによりキャリアデザインの一歩を踏み出す。

現代企業論「共感できる会社の選び方」
就職で業界研究や企業研究にあたり、企業の思想やビジョンを視る観点を認知する。社会人の経験や実体験とワークを通し、企業の思想と自身の価値観を見つめ結合することで、共感できる会社を見つけることの価値と手法を学ぶ。

受講された学生の皆さんの声

・経験や知識を積むことで就職の際に有利になると感じた。また、人生の選択において幅広く学んでいくことでより選択肢が多くなるので、自分のやりたいこととできることを両立して考えて、仕事に対してもよりやりがいを感じることができると思った。
・何も定まっていなかった将来の決め方やどのようにキャリアデザインすることが大切なのかなどをしっかりと講師の方たちの話を通して学ぶことが出来たので、今後キャリアデザインをする際には役立てていきたいと思った。
・これから就職に向けて企業研究をする時に、企業理念を詳しく見ることでこの先どのような方向で進んでいくのか少し理解ができる。これを活かして自分に合った業界、企業を見つけたい。


パーソルワークスデザインでは、キャリア教育をはじめとしたさまざまな社会貢献活動を通して、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指してまいります。

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます
ページトップに戻る