アウトソーシング導入の効果〈コスト可視化〉

業務に対するコストの把握

今まで社内で対応していた業務には、どの業務にどれぐらいのコストがかかっているのか?

測定し、キチッと把握されているお客さまって、実は少ないのです。というより、ほとんどいない…。

  • 社員の給与計算処理にかかる費用は?
  • 給与計算でタイムカードの打刻漏れや申告ミスなどによる修正費用は?
  • 経費精算の伝票処理にかかる費用は?
  • 請求書を1件作成する費用は?

などなど…。

「そんなに細かい費用は出していないけれど、社員の総人件費や総労働時間の全体を見ればいいのでは?」

いいご指摘ですね。

その声も確かに正しいのです。
が、その総人件費や総労働時間の結果を見て、「次へのアクション」を見いだすことは可能でしょうか?

「もっと人件費下がらないかな~」

「残業時間多いな~」

と思っても、

「なぜ、人件費が高くなっているのか?」

「なぜ、労働時間が多くなっているのか?」

の理由が分からないと、対策の施しようがありません。

社員で対応していたときには見えなかった費用

あるお客さまはこのような状況からアウトソーシング導入の決断をされ、導入前に当社が行う業務分析を経てアウトソーシング導入を行った後、こう言われました…。

「何だ? このイレギュラー処理の多さは? そして費用に占めるこの割合の高さは?」

そうなんです! 費用を引き上げている要因が見えてきたのです!

社員様だけで処理を行っていると、現場の方々からの要望や記入ミス・処理ミスにおいても柔軟に対応しよう! という姿勢で処理が進みます。

もちろん、アウトソーシングを行った場合でも柔軟に対応は行いますが…。しかし…、

「通常処理ではないため、対応費としての費用が発生してしまうのです」

社員様で対応されていたときには見えなかった費用…つまり残業代の発生や人員を減らすことができない、という事象が見えてきたのです!

  • 単純に、ルールを守る
  • 記入ミスなどが多い場合は、書式変更をしてみる
  • 納期の徹底

など、すぐにでもできる対策を徹底するだけで、費用はガクンと落ちるのです。

「業務の可視化」

「コストの可視化」

今すぐ、必要なのかもしれませんね。

上記内容は特定のお客さまの内容ではございません。一般論に当社の経験を付け加えたケースとして記載しております。また、状況によって費用は変動いたしますので、すべてが当内容と同じになるわけではございません。ご了承ください。

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

関連リンク

合わせて読みたい

ページトップに戻る