スカウト代行サービスとは?依頼できる業務やメリット・デメリットを解説します!

公開日:

スカウト代行サービスとは?依頼できる業務やメリット・デメリットを解説します!

スカウト代行サービスとは?依頼できる業務やメリット・デメリットを解説します!

「スカウト採用に力を入れているものの人材の確保が進まない」
「リソースが圧迫され、ほかの業務が回っていない」
このような課題を抱え、採用に行きづまる企業も少なくないことでしょう。

スカウト採用で理想的な人材を獲得するためには、充分なノウハウとリソースが必要です。そのため、自社で実践したものの、なかなか成果を出せずに挫折してしまうケースも多く見受けられます。

本記事では、リソースに余裕がなくても人材を確保できる「スカウト代行」について、依頼できる業務やメリット、費用相場、選ぶ際のポイントなど解説します。スカウト代行に関して網羅的に解説しているため、自社の導入判断もできるようになるはずです。ぜひ最後までお読みください。

目次

1. スカウト代行サービスとは?

スカウト代行サービス(スカウト代行)とは、ダイレクトリクルーティングなどのスカウト業務を、企業に代わっておこなってくれるサービスのことです。

スカウト業務とは、企業が求める人材に絞ってアプローチをかけていく能動的な採用活動を指します。スカウト代行は、採用代行(RPO)の中でも、スカウト型採用に特化したサービスです。

蓄積されたさまざまなノウハウや最新の採用市場動向などをもとに、各企業に適したスカウト運用をおこなってくれます。

依頼できる業務は、候補者選定やスカウト文章の作成、スカウトメール送信・メール対応など多面的です。自社にリソースがなくてもスカウトを成功させられることから、近年企業での導入が進んでいます。

2. スカウト代行サービスで依頼できる業務

依頼できる業務は企業によって異なりますが、代表的な業務としては以下のとおりです。

  • 採用計画・戦略の立案や策定
  • スカウト媒体の選定
  • スカウトメールの作成
  • 候補者の選定
  • 面接日程の調整・候補者対応
  • 効果測定・振り返り

専門性の高いプロが一連のスカウト業務を代行してくれるため、優秀な人材の獲得がスムーズにおこなえます。

2-1. 採用計画・戦略の立案や策定

スカウト代行では、採用計画や採用戦略の立案・策定を依頼可能です。自社の抱えている課題や求めている人物像に基づいて、質の高い採用計画や戦略の立案・構築をしてもらえます。

依頼時に自社のターゲット像が曖昧でも問題ありません。企業理念や事業計画をもとに、「そもそも自社に必要な人物像はどのような人材か」の定義づけから支援をしてもらうこともできます。

人物像が定まった後は、そのターゲットにどのようなアプローチをかけていくのが効果的かなども考えてくれるため、自社に充分な採用ノウハウがなくとも効果的な採用活動を実現可能です。

単に今足りていない人材を補うだけでなく、将来的に活躍できる人材の採用に注力します。そのため、「採用はできたものの早期に離職されてしまった」といった問題が生じづらく、長期的に定着してもらえる人材の確保も期待できるでしょう。

2-2. スカウト媒体の選定

スカウト代行では、自社や採用ターゲットに適したスカウト媒体の選定も代行してくれます。

スカウト媒体には数多くの種類があり、それぞれ持つ強みや特徴は多種多様です。特定の業種・職種に特化した媒体もあれば、世代を限定した媒体もあります。また、料金形態もさまざまです。

スカウト代行サービスは各媒体への知見があり、情報も多く持っているため、採用計画・戦略や採用ターゲット・ペルソナに適した媒体の選定を得意としています。

自社のみで媒体を検討すると、「多くの時間を費やしたものの、的外れだった」といった失敗も少なくありません。スカウト代行に依頼すれば有効な媒体を効率的に選定してもらえるため、採用活動をスピーディーに進められます。

2-3. スカウトメールの作成

スカウト代行では、候補者にアプローチするスカウトメールの作成も任せられます。

スカウトメールは、企業から候補者に向けた重要なファーストアプローチです。質が低ければ、多くの機会損失を生じかねません。

その点スカウト代行では、スカウトのプロが、ターゲットに刺さるスカウトメール作成をしてくれるため、返信率の向上が見込めます。たとえば、使用するスカウト媒体や採用ターゲットに合わせた文面の考案、適切な配信タイミングの検討といった支援も可能です。

企業によっては、スカウトメールだけでなく、求人票の内容を考え作成してくれることもあります。

2-4. 候補者の選定

スカウト代行では、プロの目を通した厳選な候補者の選定もおこなってくれます。

スカウト代行会社は一般的に、長年積み重ねてきた採用実績から、高い専門性や豊富な情報を有しているものです。また、人材データベースを有していることが多く、そこには各種求人媒体やダイレクトリクルーティングによって得られた求職者情報が蓄積されています。そうした膨大なデータベースの中から、自社の求める、自社にマッチする人材の選定をおこなってくれるのです。

スカウト代行に依頼することで、自社で選定するよりも迅速かつ再現性高く、優秀な人材を見つけ出せるようになるでしょう。また、膨大なデータを活用したスカウト代行であれば、ターゲットを選定する時間やコストなどの手間を省けるのもメリットです。

2-5. 面接日程の調整・候補者対応

スカウト代行では、応募者との面接日程調整や各種対応も委託可能です。

面接の日程調整も、候補者が多くなるほど難易度が増し、充分な知見がないまま連絡をすることで「途中で連絡が取れなくなった」といった問題も発生しかねません。スカウト代行会社は、面接設定率が高くなる配信タイミングやメッセージ文面などのノウハウを熟知しており、しっかりと面接につなげられる候補者対応が可能です。

依頼範囲はスカウト代行会社によってさまざまです。初回面接の設定までを依頼できる会社もあれば、二次面接や最終面接の設定までおこなってくれる会社、中には内定の連絡までを代行してくれる会社もあります。

委託範囲によって料金は異なるので、自社のニーズに合わせて選択することが大切です。こまかな候補者対応は、採用プロセスの中でもリソースが割かれる部分でもあるため、スカウト代行会社に依頼することで、自社の負担を大きく減らせるでしょう。

2-6. 効果測定・振り返り

スカウト代行では、データ集計やスカウト文面の見直しなど、効果の測定や振り返りも委託可能です。

具体的には、スカウトメールの開封率・返信率、面接設定率といったデータの集計・分析をおこない、レポートとして提出してもらえます。また、スカウトメールの文面は適切か、今後運用を変える必要はあるのか、といった振り返りや改善も任せられます。複数の媒体を使用している際には、媒体ごとの効果測定も委託可能です。

こうした作業を自社でまかなうと、多くの負担がかかってしまいます。スカウト代行会社に依頼することで、自社のリソースに余裕を持たせられ、より重要な別の業務に注力できるようになるでしょう。

3. スカウト代行サービスの種類

スカウト代行サービスの種類は、以下の3つです。

  • 採用アウトソーシング型
  • ダイレクトリクルーティング特化型
  • 人材アサイン型

それぞれの特徴を理解し、自社に適したものを選択することで、失敗を招きにくくなります。

3-1. 採用アウトソーシング型

採用アウトソーシング型は、採用代行(RPO)の中の一部としてスカウト代行もおこなうタイプです。

スカウト業務に留まらず、さまざまな採用活動を代行・支援してくれるため、一括した支援を望んでいる企業におすすめです。採用計画に沿って総合的に支援してくれるためブレが少なく、また企業の負担を大幅に軽減できます。

一方で、あくまでスカウト代行のみをお願いしたい場合とは相性が悪く、余計なコストがかかってしまう点には注意が必要です。

3-2. ダイレクトリクルーティング特化型

ダイレクトリクルーティング特化型は、スカウト型業務のみに特化した代行サービスです。

従来の採用代行(RPO)以上に、スカウトに関する知識やノウハウが豊富なので、安心してスカウト業務を任せられます。最初からスカウト型採用に絞って採用活動をおこなっていきたい企業におすすめです。

代行業務がスカウトのみのため、料金は比較的安価です。コストを抑えたい企業にも適しているといえるでしょう。

ただし、スカウト以外の採用手法や採用ブランディングは依頼できません。スカウト以外の業務をお願いしたい場合はほかの代行会社などと併用することとなり、余分に手間やコストがかかってしまいます。

また、ダイレクトリクルーティング特化型ではスカウト業務のみを委託するため、別の採用業務は自社で対応しなければなりません。RPOに依頼する場合に比べて、業務負担が増えてしまうのもデメリットでしょう。

3-3. 人材アサイン型

人材アサイン型は、専門知識を持つ人材を企業に派遣し、企業内に常駐して業務を遂行してもらうサービスです。

担当者が自社に常駐してくれるため、コミュニケーションを迅速かつ密に取れる点がメリットです。その結果、認識のズレが生じにくく、また社内にノウハウを蓄積しやすくなります。

ただし、アサインされた人材によっては、やり取りに工数がかかってしまい、想定していた効果を得られない場合もあります。依頼する際には、担当者が充分な経験を積んでいるか、コミュニケーションに問題がないかを確認することが重要です。

4. スカウト代行サービスのメリット

スカウト代行サービスを利用することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 採用活動の工数削減ができる
  • 自社の理想とする人物に出会える確率が上がる
  • 転職潜在層へのアプローチもできる

スカウト代行を利用することで、「工数が多く業務が回っていない」「マッチする人材と出会えない」といった課題を解決できます。

メリット(1)採用活動の工数削減ができる

スカウト代行に依頼することで、採用活動にかかる工数の削減が可能です。

スカウト業務には、採用ターゲットの選定から媒体の選定、スカウト文面の作成、候補者へのアプローチ、候補者対応など多くの工数がかかります。

スカウト代行では、その一連の業務を委託できるので、自社の負担を大きく軽減できるのです。

メリット(2)自社の理想とする人物に出会える確率が上がる

膨大なデータを持つスカウト代行サービスに依頼することで、質の高い採用が可能です。

スカウト代行サービスでは、膨大な量のデータベースを持っているのが一般的です。そのため、優秀な人材を効率的に探し出せます。

採用ポジションが専門性の高いものであればあるほど、自社で見つけ出すのは困難を極めるでしょう。膨大な人材情報を抱えるスカウト代行では、そうした希少性の高いポジションを見つけ出す上でとくに効力を発揮します。

また、自社に最適な方法でスカウトをおこなってくれるため、無駄なコストをかけることなく効果的な採用を実現できるのもメリットです。

メリット(3)転職潜在層へのアプローチもできる

転職潜在層の採用が見込めるのも、スカウト代行のメリットです。

転職潜在層とは、「転職を意識してはいるものの、転職活動はしていない層」を指します。転職市場では、転職意欲はありながらも実際の行動には移していない人も少なくありません。スカウト代行なら、行動するまでに至っていない転職潜在層にもアプローチできるため、採用の間口を広げられます。

とくにエンジニアなどの職種は、転職意欲がありながらも転職活動をおこなっていない、という人も少なくありません。スカウトやダイレクトリクルーティングといった能動的な活動を通してアプローチすることで、そのような人材も獲得しやすくなります。

5. スカウト代行サービスのデメリット

さまざまなメリットを得られるスカウト代行ですが、次のような注意点もあります。

  • 依頼する会社によっては効果が得られない
  • 任せきりにすると自社にノウハウが溜まらない
  • 導入までのタイムラグが発生する場合がある

それぞれの注意点と対処法を見ていきましょう。

デメリット(1)依頼する会社によっては効果が得られない

依頼するスカウト代行会社によっては、充分な効果が得られないリスクがある点には、注意が必要です。

自社の採用ターゲットにそぐわない、自社の採用したい職種での実績がない、といったスカウト代行会社に依頼してしまうと、成果が出ず失敗に終わってしまうことも少なくありません。委託する会社を間違えてしまうと、「コストだけが余分にかかってしまい、効果は得られなかった」という最悪の事態に陥る可能性もあるでしょう。

スカウト代行会社はそれぞれ得意としている分野などが異なります。採用活動を成功に導くためには、自社に適したスカウト代行サービスを選ぶことが大切です。

デメリット(2)任せきりにすると自社にノウハウが溜まらない

スカウト代行サービスに依存しきってしまうと、自社にノウハウが蓄積されない点もデメリットといえるでしょう。

スカウト代行にすべてのスカウト業務を任せきりにしてしまうことで、自社にノウハウが一切溜まらず、委託終了後の採用に苦戦する企業も多く見受けられます。

将来的に内製化も視野に入れている場合は、代行サービスに一任して依存するのではなく、一部の業務のみ依頼する、こまめな情報共有を心がける、といった工夫が必要です。企業内に常駐する人材アサイン型も検討してみましょう。人材アサイン型であれば、情報共有をしてもらいやすく、自社にノウハウが溜まりやすくなります。

デメリット(3)導入までのタイムラグが発生する場合がある

スカウト代行サービスは、利用開始までにある程度の時間を要してしまうものです。

スカウト代行は、一度走り出してしまうと比較的スピーディーに進んでいくものの、導入までにはある程度の時間を要します。自社の担当者との綿密な打ち合わせや、自社の必要としているサービスに合わせた費用の見積もり、情報の共有などに時間がかかり、導入までのタイムラグが発生してしまうことがあるのです。

スカウト代行サービスを利用する際には、採用計画を踏まえた上で、なるべく早めに申し込み、準備を進めていきましょう。また、依頼してすぐに候補者が見つかるわけではない点にも注意が必要です。サービスの開始がスムーズに進んでも、人材の獲得に時間がかかるケースもあります。そうしたリスクも考慮し、時間に余裕を持って依頼をするようにしましょう。

6. スカウト代行サービスを選ぶ際のポイント

スカウト代行サービスを選定する際には、次のようなポイントを意識することが大切です。

  • スカウト実績は豊富か
  • 採用したい職種について担当者が詳しいか
  • 対応範囲は自社の希望とマッチするか
  • 料金は適正か

各社がさまざまな強みをアピールをしていますが、それだけに惑わされないようにしましょう。
上記ポイントも意識して選ぶことで、スカウト代行での成果を出しやすくなります。

6-1. スカウト実績は豊富か

スカウト代行を選定する際には、これまでのスカウト実績が豊富か、成功率が高いかは重要なポイントです。

スカウトの実績が多いほど、情報や知見、ノウハウを多く持っている確率が高まります。企業に合わせた媒体の選定やターゲット策定などをおこなってもらうためには、過去に豊富な支援実績があってこそといえます。

そのため、スカウト業務での実績を豊富に持つ会社を選ぶことが大切です。スカウト代行会社のサイトで紹介されている導入事例や企業インタビュー、導入企業のロゴなどを確認し、実績が多くある企業を選びましょう。

6-2. 採用したい職種について担当者が詳しいか

自社が採用したい職種への理解があるかどうかを確認することも、スカウト代行を選ぶ上で重要です。

どれほど優れた実績を持つ会社でも、自社で採用したい職種に関しての実績や理解がなければ、成功は遠のいてしまうでしょう。職種や業種によって効果的な採用手法は大きく異なるため、自社にマッチしない可能性があります。

また、スカウト代行会社の担当者が、採用ポジションについてどれだけ深く理解しているかを見極めることも大切です。

担当者が採用ポジションに詳しくない人であれば、以下のような問題が生じるリスクがあります。

  • 採用要件の説明に膨大な時間を要してしまう
  • ターゲットとブレた手法やスカウト文面でアプローチしてしまう
  • 結果、採用のミスマッチが生じる

依頼前に自社の説明をし、担当者と会話をする中でしっかりと理解してもらえるかを確認することが大切です。

6-3. 対応範囲は自社の希望とマッチするか

サービスの対応範囲が自社の希望と合っているか確認することも、スカウト代行を選定する際のポイントです。

自社がどこからどこまでを依頼したいのかを明らかにした上で、その範囲に対応可能なスカウト代行サービスを選定しましょう。対応範囲を確認せずに依頼してしまうと、後からほかの会社に一部の業務を依頼し直さなければいけなかったり、自社での業務負担が増えてしまったりと、余計な手間やコストがかかってしまうかもしれません。

そのような問題を避けるため、対応範囲が自社の希望とマッチするかの確認は必要不可欠です。

6-4. 料金は適正か

スカウト代行サービスの選定時には、サービスの範囲と費用が適正かの確認も重要です。

スカウト代行にはさまざまな料金形態があり、会社によって費用も当然異なります。安さだけに飛びついてしまうと、充分な効果を得られないまま終わってしまうことも考えられます。安さだけでなく、費用対効果を意識して選ぶことが大切です。

料金形態は月額、課金制、成功報酬型と数種類あるため、自社の依頼範囲によって決定することもポイントです。場合によっては、料金形態の違いで損をしてしまうこともあります。

7. スカウト代行サービスの費用相場

スカウト代行サービスの料金形態は、主に以下の3つです。

  • 月額制
  • 従量課金制
  • 成功報酬制

それぞれの特徴と相場について解説します。

7-1. 月額制スカウト代行サービスの費用相場

月額制のスカウト代行は、毎月一定額の料金がかかるのが一般的です。1か月単位で代行を依頼し、サービスを受ける期間とサービス内容によって、金額が決定します。

サービスの範囲によって料金が異なり、その相場は月10万円〜70万円ほどと幅広いです。会社によっては、初期費用などがかかる場合もあります。中には数万円から依頼を受けてくれるサービスもありますが、その場合、依頼できる範囲が非常に狭くなりやすい点には注意しましょう。

月額制は、採用代行の一環としておこなわれることが少なくありません。採用代行と併せた総合サービスとしてパッケージ化されている場合は、高額になりやすいです。

7-2. 従量課金制スカウト代行サービスの費用相場

従量課金制は、スカウトの配信数に応じて料金が課金されるタイプです。必要な業務のみに料金が発生します。

スカウトメール1通につき1,000円〜2,000円ほどが相場です。候補者一人ひとりに合わせた内容のメール作成などを依頼する場合は、料金も高くなる傾向にあります。中には1通あたり100円〜500円という安価なサービスもありますが、品質が低いケースもあるため、安さだけでなく内容までしっかりと加味した上で選ぶことが重要です。

初期費用はかからないことが多く、手軽に始められるのは従量課金制ならではのメリットといえるでしょう。

7-3. 成功報酬制スカウト代行サービスの費用相場

成功報酬制は、その名のとおり、採用成功数に応じて料金が発生する仕組みです。

期間や業務内容によってではなく、「1人採用:〇〇円」というように、成果によって料金がかかります。

成果が出たときのみ料金がかかるので、不要な出費を避けられるのが利点です。ただし、確実な結果に対して発生する料金なので、どの会社も比較的高額な料金に設定しています。一例を挙げると、「中途採用で1名決まったら50万円」という料金でサービスをおこなっている企業も見受けられます。

ただし、スカウト代行サービスにおいては、成功報酬制を設けている会社はそう多くないでしょう。

8. おすすめのスカウト代行会社

最後に、「どの会社を選べば良いかわからない」という方に向けて、おすすめのスカウト代行をご紹介します。スカウト代行サービスを検討する際の参考にしてください。

8-1. パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン株式会社

※出典:パーソルワークスデザイン株式会社

パーソルワークスデザイン株式会社では、豊富な採用マーケット知見をもとに、ダイレクトソーシング支援をおこなっています。
企業ごとに合わせた業務設計・運用から始まり、レポートを用いたダイレクトソーシング採用力向上までを支援できるのが強みです。

企業の求める人物像と採用市場の動向を踏まえた上で、候補者にとって魅力的な求人票を作成します。また、膨大なデータベースの中から人材を検索し、攻めの姿勢で採用活動をおこなっていくため、効率的な採用が可能です。

スカウトメールの送信はもちろん、返信対応や面接日程調整、さらには面接支援まで、幅広く代行しています。現地には赴かないオフサイト支援が基本ですが、企業のニーズに合わせて最適なサービスプランを提供しているため、望むような成果を出しやすいでしょう。

8-2. 株式会社ダイレクトソーシング

株式会社ダイレクトソーシング

※出典:株式会社ダイレクトソーシング

株式会社ダイレクトソーシングでも、スカウト代行サービスを提供しています。

主に外資系企業や日系大手企業、ベンチャー企業などの支援に力を入れています。新卒採用や海外人材のダイレクト採用支援も可能です。

過去50万件、40種以上の媒体のソーシングデータによって、効果的な採用戦略の立案をおこなってくれます。テクノロジーによる徹底した運用工数の効率化や、クラウドレポートによる採用のPDCAサイクルの高速化により、スピーディーな目標達成に長けています。

AIエンジニアやデータサイエンティスト、研究者といった、確保が難しい職種の採用に強みを持つ点も特徴です。

日本初のLinkedInの正規代理店として、豊富な採用ノウハウを有しているため、LinkedInを活用して採用をしたい企業にもおすすめといえるでしょう。

8-3. 株式会社プロジェクトHRソリューションズ

株式会社プロジェクトHRソリューションズ

※出典:株式会社プロジェクトHRソリューションズ

株式会社プロジェクトHRソリューションズのuloqo DRは、テクノロジー領域をメインとして、累計60社以上の支援をおこなってきました。スカウト代行のみに留まらず、あらゆる採用フェーズの代行をおこなっています。

料金は月額制で20万円〜/月となっているため、比較的安価なサービスといえるでしょう。メール通数による料金の変動はなく、採用目標達成に必要となる数を配信するため、不要なコストがかかりづらいのもポイントです。

予算と課題に応じて、カスタマイズでサービスを提供することもできます。

幅広い角度から支援をおこなってくれるため、採用に関する課題を多く抱えている企業に適しているでしょう。

9. まとめ

スカウト代行の活用により、採用計画・戦略の立案・策定、スカウト媒体の選定、候補者対応など、種々のスカウト業務を代行してもらえます。その結果、自社に充分なノウハウがなくとも、質の高い採用活動をおこなえるようになり、採用負担の大幅な軽減が可能です。

代行会社を選定する際には、自社への理解・適性がありそうか、ノウハウを共有してもらえそうか、といったポイントを意識することが大切です。適切な会社の選定ができれば、自社の理想とする人材を効率よく獲得できるようになるでしょう。
人材確保で行きづまっている場合は、スカウト代行をぜひ検討してみてください。

ダイレクトリクルーティングとは?
ダイレクトソーシング支援サービス

このページをシェアする

  • Facebookでシェア 新しいページで開きます
  • Twitterでシェア 新しいページで開きます
  • Lineで送る 新しいページで開きます

お問い合わせ・資料ダウンロード

ページトップに戻る